読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“ほぼ”デイリーシネマ

レビューなのか批評なのか、はたまたただの駄文なのか。はてブ、読者登録、twitterフォローなどされると泣いて喜びます。

日曜洋画劇場の終焉とフジのアナ雪放送から憂う映画の未来

日曜洋画劇場の終わり、映画は死んだのか?

日曜洋画劇場が、50年の歴史に幕を下ろしました。

headlines.yahoo.co.jp

僕自身は地上波で映画を見るなんてめったにしません、ですから直接的な問題はないのですが、地上波での映画放送が減るという事は映画文化の衰退に繋がります。

普段から映画館に行く習慣のない人が、映画の楽しさを知る足がかりになるのが日曜洋画劇場を筆頭とした地上波映画番組です。

続きを読む

自分には才能が無いと思う人に見てほしい「ガタカ」

自信の限界を提示され

それでも強く生きた男の話

ガタカ」のレビューと感想

みなさま、どうも。

ディストピアSF特集、第三弾は「ガタカ」です。

あと記事には関係ないんですけど、twitterをフォローしていただければ記事更新の通知がわかりやすいですよ。ぜひフォローおねがいします(過去記事の紹介なんかもそのうち始めるつもりなので)。

目次

続きを読む

ディストピアSF映画であり、同時にグルメ映画でもある「ソイレント・グリーン」

ディストピアSF特集!今回の映画は「ソイレント・グリーン」!

以上!(適当)

もくじ

  • あらすじ
  • こんな映画だ「ソイレント・グリーン」
  • アメリカンニューシネマと「ソイレント・グリーン」
  •  「ソイレント・グリーン」における未来描写
続きを読む

管理社会SFブーム到来?じゃあガン=カタの時間だ!「リベリオン」レビュー

近頃書店に足を運ぶとよくオーウェルの『1984年』が平積みにされているのを見かけます。なんでもトランプの大統領就任を受けてディストピアSFがブームになっているとか。

全文表示 | 小説『1984年』米国で売り上げ1位 トランプに「反ユートピア」見る米国民 : J-CASTニュース

というわけで、流れに便乗してディストピアSF映画で特集を組んでみたいと思います(決してブログのネタに困ったわけではありません。あと取り上げてほしい作品があれば随時コメントなどください)。

さてディストピアSF映画特集第1弾、取り上げる作品はリベリオン

※ネタバレは控えましたが、一部映画後半のシーンに言及しています。ただ読んでも映画の面白さにそこまで影響はないと思われます。

もくじ

続きを読む

Netflixで見られるおすすめ映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

※記事執筆の2017年3/4時点でNetflixで鑑賞可能

さて今日は軽めのレビューを、紹介記事なのでもちろんネタバレはなしです。

第40回日本アカデミー賞の結果が出て日本中がゴジゴジしている中、取り上げる映画はいまさらながら「バードマン(長いので以下略)」。

なぜ今「バードマン」なんだ?と疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。

理由は特にありません。強いて言うならエマ・ストーンのアカデミー受賞繋がりです(2014年のアカデミー賞、エマは「バードマン」で助演女優賞でノミネートされている)。

続きを読む

「ラ・ラ・ランド」を鑑賞後、どうしても見てほしい「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

泣けないほどに悲しい映画

ダンサー・イン・ザ・ダーク」はまさしくそんな映画です。

みなさんどうも、読者登録数もアクセス数も伸び始めて大変光栄です。

「ラ・ラ・ランド」見ましたか? 私はCMを見るたびリピートしたい欲を揺さぶられる毎日を過ごしております。

今日紹介するのはダンサー・イン・ザ・ダーク、落ち込む映画界のマイク・タイソンですよ、これ。

この記事では「ラ・ラ・ランド」と「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の持つ思わぬ共通点について考察し、あわよくば読者のみなさんになかなか見る機会の無いド鬱映画を見てもらおうと思います。

もくじ

  • あらすじ
  • 泣けないミュージカル映画
  • ミュージカルは嘘くさい、妄想としてのミュージカル
  • 選択に伴う痛み
  • 同じ内容を正反対の手法で語る
  • まとめ
続きを読む

「最後の追跡」は西部劇初心者にこそ見てほしい激シブ映画だ!

地平線まで続く何もない荒野。さびれた町、照りつける太陽。そして保安官とインディアン。古典的ジャンルである西部劇を、どこまでもプリミティブな形で現代に蘇らせた傑作、それが最後の追跡だ。

 

Netflixオリジナルコンテンツが4作品もノミネートされた89回アカデミー賞

この記事で紹介する最後の追跡は、残念ながら受賞までは至りませんでしたが、今作の持つ根本的な地味さを考えればノミネートされただけでも善戦と言えるでしょう。

もくじ

  • あらすじ
  • 貧困がテーマなのか? 格差の固定化の話なのか?
  • テキサスという異世界
  • 汗臭い女っ気ゼロの男泣き映画
  • シブいぜ、ウマいぜ、スゴいぜ監督!
  • まとめ
続きを読む