Walking Pictures

「映画をもっと面白く」をスローガンに古今東西の映画について語ります

映画-アクション

【レビュー】「ジョン・ウィック:チャプター2」はコメディ映画である

最強の殺し屋の復讐劇を描いた前作の続編「ジョン・ウィック:チャプター2」のレビューです。予想に反して大笑いできる本作の魅力について徹底解説。ガンフーとは何か?スパイ映画的な設定について。実はコメディ映画?……などなど

【レビュー・感想】モンスター映画×マッドマックス=「LOGAN/ローガン」

ジェームズ・マンゴールド監督のX-MENシリーズ最新作「LOGAN/ローガン」についてネタバレ無しでレビューします。 X-MEN+マッドマックスな世界観? ウルヴァリンは狼男でありフランケンシュタイン……などなど

【感想・レビュー】日本よ、マーベルよ、DCよ、これが「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」だ。

イタリアから、とんでもないヒーロー映画がやってきた。その名も「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」。 ひたすらキャラの立った登場人物、童貞ボンクラオタクの心を刺激するドラマ、低予算ながらにハリウッドビッグバジェットムービーに匹敵するこの大傑作を紹介…

映画のジジイはなぜ怖い?「ノー・エスケープ 自由への国境」評

空き巣に入ったら盲人のジジイに襲われる「ドント・ブリーズ」がヒットを記録したのはまだ記憶に新しいですが、またしても海の向こうから「怖いジジイ映画」がやってきました。 タイトルは「ノー・エスケープ 自由への国境(原題“Desierto”)」、メキシコから…

【感想・レビュー】カンフーによるカンフーのためのカンフー映画「イップ・マン 継承」

カンフー映画と聞いて読者の皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 悪漢に虐げられる善良な民、颯爽と現れるカンフーの達人、ちぎっては投げられる悪漢たち、悪い奴らは逃げ帰り町に平和がもたらされめでたしめでたし。 さすがにそんなステレオタイプのカン…

「イップ・マン 葉問」から学ぶ平和主義のあり方

なぜ「イップ・マン」はこんなに面白いのか? それは「もどかしさ」を巧みに使っているからです。 映画「イップ・マン」の分析とその魅力に迫ります!

【ネタバレ・感想】イップマンというヒーロー像「イップ・マン 序章」

アメコミヒーローよりもヒーローしているカンフー映画「イップ・マン」。 そんな「イップマン 序章」のストーリーを解説しながら、本作の魅力を簡潔にご紹介します。

虚淵ゴジラのストーリーを勝手に予想してみた

2017年11月から公開予定のアニメ映画「GODZILLA」、「魔法少女まどかマギカ」や「PSYCHO-PASS」などの脚本を手掛けた虚淵玄がストーリー原案・脚本に携わる本作のストーリーを現時点の公開情報を元に分析、予想します。 目次 現時点の公式情報を見る ストー…

「キングコング 髑髏島の巨神」はココを見ろ!レビュー&感想

いよいよ公開された「キングコング 髑髏島の巨神」。字幕2Dで鑑賞してきましたので、ネタバレなしのレビュー・感想記事を投稿します! 目次 あらすじ コングが……コングが立った! 髑髏島のモンスターより個性的な登場人物 マザファッキンな字幕を見ろ! 怪獣…

「キングコング 髑髏島の巨神」前に復習しておきたい「地獄の黙示録」

いよいよ今週末に公開を控えた「キングコング 髑髏島の巨神」。ゴジラと肩を並べる怪獣界の大物スター、キングコングは日本人にはやや馴染みの薄い部分もあるでしょう。しかし今後立て続けに公開されるレジェンダリーモンスターバースがある以上、「髑髏島の…

「最後の追跡」は西部劇初心者にこそ見てほしい激シブ映画だ!

地平線まで続く何もない荒野。さびれた町、照りつける太陽。そして保安官とインディアン。古典的ジャンルである西部劇を、どこまでもプリミティブな形で現代に蘇らせた傑作、それが「最後の追跡」だ。 Netflixオリジナルコンテンツが4作品もノミネートされた…

1978年のライアン・ゴズリング『ナイスガイズ!』感想

弾丸とFワード飛び交うサスペンスコメディ 三、四十年前の娯楽映画は、今見るとかなりチープではありますが、独特のノリとポップさが名状しがたい空気感を形成していて、昨今の大作映画にはない良さがあります。 ライアン・ゴズリング、ラッセル・クロウ主演…

無鉄砲すぎる漢たちの物語『L.A. ギャング ストーリー』感想

仁義なきギャングに立ち向かうのは、6人の漢 『ラ・ラ・ランド』に向けてライアン・ゴズリングの過去作をチェックしていくシリーズ第三弾、今回紹介する映画は『L.A. ギャング ストーリー』。 ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンがイチャついて、ロサンゼ…

なぜマーベルはDCに負けないのか?『ドクター・ストレンジ』レビュー

※この記事では映画の内容に言及していますが、極端なネタバレは控えています。 1/27から日本での公開が始まり、週末興行成績1位という好スタートを切った『ドクター・ストレンジ』。鑑賞しましたのでレビューを書きました。

『バットマンvsスーパーマン』はどこが「トホホ…」だったのか

今月21日映画秘宝3月号が発売され、誌面で映画秘宝ベスト&トホホ10が発表されました。 ベストのほうは1位シン・ゴジラ2位この世界の片隅に3位デッドプールと予想の範囲内だったのですが、面白かったのはトホホの方。1位バットマンvsスーパーマン(以下BvS)…