読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“ほぼ”デイリーシネマ

レビューなのか批評なのか、はたまたただの駄文なのか。はてブ、読者登録、twitterフォローなどされると泣いて喜びます。

ホラー

「スプリット」は映画界における短距離ランナーだという話

シャマラン監督の最新作「スプリット」を分析。 映画における短距離ランナーと長距離ランナーとは何なのか?

映画のジジイはなぜ怖い?「ノー・エスケープ 自由への国境」評

空き巣に入ったら盲人のジジイに襲われる「ドント・ブリーズ」がヒットを記録したのはまだ記憶に新しいですが、またしても海の向こうから「怖いジジイ映画」がやってきました。 タイトルは「ノー・エスケープ 自由への国境(原題“Desierto”)」、メキシコから…

【ネタバレあり】「哭声 コクソン」のテーマは「信じる」こと?

「コクソン」は非常に難解な映画で、正解と言える解釈がない映画です。そしてこの記事で述べるのはあくまで私の見方で分析された「コクソン」です。 しかし、私の解釈が読者のみなさんが自分なりの映画の読み方を持つ手がかりになれば幸いです。 目次 大前提…

【ネタバレなし】「哭声 コクソン」鑑賞の補助線とレビュー

見る者を渾沌へと誘う新感覚映画 みなさんは韓国映画にどのようなイメージを抱きますか? 比較的映画を見る習慣のある方でも、韓国映画をよく見るという方は少数派だと思います。 映画雑誌のカラーページは大抵ハリウッド作品か邦画が占領し、韓国の作品はい…