読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“ほぼ”デイリーシネマ

レビューなのか批評なのか、はたまたただの駄文なのか。はてブ、読者登録、twitterフォローなどされると泣いて喜びます。

ドラマ

「メッセージ」はいかにして映像化不可能な原作を映画化したか?

映像化不可能とまで言われたSF小説『あなたの人生の物語』を監督はなぜ映画化したのか? 映像化のために使われた「ある手法」とは? 「メッセージ」と合わせて読みたいSF小説もご紹介します!

映画はトラウマを描きうるか? 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

映像が映し出せるのは物質だけだ。なぜならカメラは心の中には入れないのだから。 でも映画はその歴史の中で絶えず登場人物の心情を表現しようと、様々な手練手管を編み出してきた。役者の顔を大写しにすることで感情を読み取らせるクローズアップはまさに映…

【感想・レビュー】甘くて、儚い非モテ少女の恋「スウィート17モンスター」

今日紹介する映画はそんなモテない高校生の青春を現実味たっぷりに描いた良作、「スウィート17モンスター」。 リアルすぎる17才の恋愛模様を描いた本作の魅力を徹底紹介!

~ディズニー映画に同性愛が生まれた瞬間~実写版「美女と野獣」評【感想】

今年3月、実写版「美女と野獣」で悪役ガストンの子分ル・フウが同性愛者として脚色されていたことが話題を呼び起こした。 このことから一部の国では上映禁止の声すらあがった「美女と野獣」。 監督ビル・コンドンはなぜ、原作にはない同性愛の描写を入れたの…

「美女と野獣」の男女学~なぜ今この作品が実写化されるのか?~

「美女と野獣」は人は見た目ではないというテーマ以外にも、それまでのディズニー映画にできなかった「自立した女性像」を描くという偉業を達成しました。 この記事ではアニメ版「美女と野獣」を復習し、実写版の注目ポイントを考えます。

「イップ・マン 葉問」から学ぶ平和主義のあり方

なぜ「イップ・マン」はこんなに面白いのか? それは「もどかしさ」を巧みに使っているからです。 映画「イップ・マン」の分析とその魅力に迫ります!

【感想】「T2 トレインスポッティング」はスコットランド版「けいおん!」なのかもしれない

ドラッグ中毒の中年男たちの悲惨な日常を描いた映画「T2 トレインスポッティング」を日常系作品として考えてみた。 ネタバレは控えめに面白かった点をまとめ、前作についても少し解説しています。

【感想・解説】ナタリー・ポートマンここにあり、映画「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」

「レオン」のマチルダ役での激烈なデビューから20年以上女優としてのキャリアを積み続けてきたナタリー・ポートマン。 そんな彼女が今回挑んだ役は「ケネディの妻」でした。 目次 あらすじ 時系列入り乱れる脚本 衣装の力を200パーセント使った作品 強い女性…