読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“ほぼ”デイリーシネマ

レビューなのか批評なのか、はたまたただの駄文なのか。はてブ、読者登録、twitterフォローなどされると泣いて喜びます。

【ネタバレ有り解説】「メッセージ」を分析したら監督の手腕を思い知った件

映画「メッセージ」をネタバレ全開で解説します。原作との相違点は何処か? 主人公は未来を変えられたのか? などの観点から「メッセージ」を徹底分析。

「メッセージ」はいかにして映像化不可能な原作を映画化したか?

映像化不可能とまで言われたSF小説『あなたの人生の物語』を監督はなぜ映画化したのか? 映像化のために使われた「ある手法」とは? 「メッセージ」と合わせて読みたいSF小説もご紹介します!

【感想・レビュー】日本よ、マーベルよ、DCよ、これが「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」だ。

イタリアから、とんでもないヒーロー映画がやってきた。その名も「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」。 ひたすらキャラの立った登場人物、童貞ボンクラオタクの心を刺激するドラマ、低予算ながらにハリウッドビッグバジェットムービーに匹敵するこの大傑作を紹介…

映画はトラウマを描きうるか? 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

映像が映し出せるのは物質だけだ。なぜならカメラは心の中には入れないのだから。 でも映画はその歴史の中で絶えず登場人物の心情を表現しようと、様々な手練手管を編み出してきた。役者の顔を大写しにすることで感情を読み取らせるクローズアップはまさに映…

「スプリット」は映画界における短距離ランナーだという話

シャマラン監督の最新作「スプリット」を分析。 映画における短距離ランナーと長距離ランナーとは何なのか?

映画のジジイはなぜ怖い?「ノー・エスケープ 自由への国境」評

空き巣に入ったら盲人のジジイに襲われる「ドント・ブリーズ」がヒットを記録したのはまだ記憶に新しいですが、またしても海の向こうから「怖いジジイ映画」がやってきました。 タイトルは「ノー・エスケープ 自由への国境(原題“Desierto”)」、メキシコから…

【感想・解説】ウディ・アレン初心者のための「カフェ・ソサエティ」

あなたは映画監督ウディ・アレンについてどれほど知っていますか? この記事を参考に最新作「カフェ・ソサエティ」を観れば彼がどんな監督なのかがわかってもらえるはずです。

実写版「美女と野獣」にイマイチ共感できない理由を考察してみた

映像や脚色は素晴らしく出来がいいのに、なんとなく共感できなかった実写版「美女と野獣」。 この記事は「美女と野獣」のテーマのひとつである「人は見た目じゃない」問題に焦点を絞り、本作がどうしてイマイチ共感しずらいのかを分析します。

疲れた新入社員に送りたい、仕事にまつわる3つの映画

この記事では少ない休みを映画鑑賞に使う素晴らしい趣味の方に向けて!仕事の悩み・疲れをぶっ飛ばす3本の「仕事にまつわる映画」を紹介します! 紹介する映画「マイレージ・マイライフ」、「ゼロの未来」、「ファイト・クラブ」。

【感想・レビュー】カンフーによるカンフーのためのカンフー映画「イップ・マン 継承」

カンフー映画と聞いて読者の皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 悪漢に虐げられる善良な民、颯爽と現れるカンフーの達人、ちぎっては投げられる悪漢たち、悪い奴らは逃げ帰り町に平和がもたらされめでたしめでたし。 さすがにそんなステレオタイプのカン…

【感想・レビュー】甘くて、儚い非モテ少女の恋「スウィート17モンスター」

今日紹介する映画はそんなモテない高校生の青春を現実味たっぷりに描いた良作、「スウィート17モンスター」。 リアルすぎる17才の恋愛模様を描いた本作の魅力を徹底紹介!

~ディズニー映画に同性愛が生まれた瞬間~実写版「美女と野獣」評【感想】

今年3月、実写版「美女と野獣」で悪役ガストンの子分ル・フウが同性愛者として脚色されていたことが話題を呼び起こした。 このことから一部の国では上映禁止の声すらあがった「美女と野獣」。 監督ビル・コンドンはなぜ、原作にはない同性愛の描写を入れたの…

4/20は何の日だ?~麻薬映画の誘い~

洋画にはたびたび麻薬が登場するが、みなさんは麻薬の種類やそれぞれの効果についてご存じだろうか? 麻薬について知れば映画はもっと面白くなる。この記事ではポピュラーな麻薬について解説するとともに、麻薬が扱われるオススメ映画を紹介する。

「美女と野獣」の男女学~なぜ今この作品が実写化されるのか?~

「美女と野獣」は人は見た目ではないというテーマ以外にも、それまでのディズニー映画にできなかった「自立した女性像」を描くという偉業を達成しました。 この記事ではアニメ版「美女と野獣」を復習し、実写版の注目ポイントを考えます。

「イップ・マン 葉問」から学ぶ平和主義のあり方

なぜ「イップ・マン」はこんなに面白いのか? それは「もどかしさ」を巧みに使っているからです。 映画「イップ・マン」の分析とその魅力に迫ります!

【ネタバレ・感想】イップマンというヒーロー像「イップ・マン 序章」

アメコミヒーローよりもヒーローしているカンフー映画「イップ・マン」。 そんな「イップマン 序章」のストーリーを解説しながら、本作の魅力を簡潔にご紹介します。

長い映画はつまらない?『映画大好きポンポさん』から考える映画の尺論

長い映画って観るのめんどくさい!そんなあなたに紹介する長い映画の乗り切り方。『映画大好きポンポさん』で語られた映画の長さ論について。

【感想】「T2 トレインスポッティング」はスコットランド版「けいおん!」なのかもしれない

ドラッグ中毒の中年男たちの悲惨な日常を描いた映画「T2 トレインスポッティング」を日常系作品として考えてみた。 ネタバレは控えめに面白かった点をまとめ、前作についても少し解説しています。

【映画エッセイ】ポップコーンとジュースのジレンマ

映画館に行くとポップコーンが食べたくなる、でも一緒にジュースを飲むと、トイレに行きたくなる。 「すいません」なんて言いながら人をかきわけてトイレに行くなんて絶対にイヤ! そんなあなたに贈る映画エッセイです。

ハリウッド実写版「GIS」前におさらいする押井版「攻殻」

スカーレット・ヨハンソンを少佐役に起用し、公開を間近に控えたハリウッド実写版「ゴースト・イン・ザ・シェル」。 この記事ではそんなハリウッド版「攻殻」を2倍楽しめるように、押井版「攻殻」を徹底的に解説します! 目次 海外で大ブレイクした「Ghost i…

【感想・解説】ナタリー・ポートマンここにあり、映画「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」

「レオン」のマチルダ役での激烈なデビューから20年以上女優としてのキャリアを積み続けてきたナタリー・ポートマン。 そんな彼女が今回挑んだ役は「ケネディの妻」でした。 目次 あらすじ 時系列入り乱れる脚本 衣装の力を200パーセント使った作品 強い女性…

【レゴバットマン ザ・ムービー】その面白さ、「ダークナイト」越え? ネタバレなし感想&レビュー

“ブラックだ カッコいい映画はいつもブラックから始まるもんだ” -バットマン 本物のレゴでのコマ撮りに限りなく近いCG映像で一斉を風靡した「LEGO ムービー」から3年、今回のレゴ映画で主役を張るのはアメコミ実写化ヒーローの先駆け、バットマン。 当記事で…

「ムーンライト」はドラクエ5だった? ネタバレなしレビューと感想

ミスにより作品賞受賞作が間違えて発表されてしまうという、前代未聞の事態が発生した第89回アカデミー賞。 「ラ・ラ・ランド」の大勝利が確実かと思われていた中、作品賞を受賞したのが今回紹介する「ムーンライト」です。 目次 あらすじ ドラクエ5式のダイ…

神山監督の著書から読み解く「ひるね姫」、ネタバレなしレビュー&感想

何を隠そう私をアニメ、ひいては映画を筆頭とした映像コンテンツにのめり込ませるきっかけとなったのは「攻殻機動隊S.A.C.」でした。 士郎正宗の原作版と押井映画版の二作を踏まえて作られた新たな攻殻は前者二作に比べ飲み込みやすく、それでいて現代社会を…

虚淵ゴジラのストーリーを勝手に予想してみた

2017年11月から公開予定のアニメ映画「GODZILLA」、「魔法少女まどかマギカ」や「PSYCHO-PASS」などの脚本を手掛けた虚淵玄がストーリー原案・脚本に携わる本作のストーリーを現時点の公開情報を元に分析、予想します。 目次 現時点の公式情報を見る ストー…

【虚淵ゴジラ】なぜ劇場版アニメはやたらと3部作にしたがるのか?

先日、虚淵玄がストーリー原案・脚本を手掛ける劇場アニメ版「GODZILLA」が3部作として制作されるとが発表されました。 それを見て思ったのですが、最近の劇場アニメ、3部作多すぎません? 「GODZILLA」 「魔法使いの嫁」 「傷物語」 「交響詩篇エウレカセブ…

「キングコング 髑髏島の巨神」はココを見ろ!レビュー&感想

いよいよ公開された「キングコング 髑髏島の巨神」。字幕2Dで鑑賞してきましたので、ネタバレなしのレビュー・感想記事を投稿します! 目次 あらすじ コングが……コングが立った! 髑髏島のモンスターより個性的な登場人物 マザファッキンな字幕を見ろ! 怪獣…

「パッセンジャー」、巷で噂の宇宙タイタニックをレビュー

「パッセンジャー」、早速見てきました。別に寝不足だったわけでもないのに前半少しウトウトしてしまいました。この壮大なスペースメロドラマ、またの名をスペース「タイタニック」を、ネタバレ無しでご紹介します。 広大な宇宙で孤独に生きる映画といえば、…

「キングコング 髑髏島の巨神」前に復習しておきたい「地獄の黙示録」

いよいよ今週末に公開を控えた「キングコング 髑髏島の巨神」。ゴジラと肩を並べる怪獣界の大物スター、キングコングは日本人にはやや馴染みの薄い部分もあるでしょう。しかし今後立て続けに公開されるレジェンダリーモンスターバースがある以上、「髑髏島の…

【トレンドブログからの脱出】ワンテーマ特化型ブログのススメ

どうも、ご無沙汰してます。もゆるです。忙しくて数日間ブログをお休みしていましたが、復活です。今後の更新頻度については、週4~5回程度を維持できればなと考えています。更新頻度は若干下がりますが、熱量は上げていきますので、今後ともどうぞ“ほぼ”デイ…

吹き替えで見たい、いや聴きたい!映画3選

あなたは字幕派?吹き替え派? 字幕か、吹き替えか、洋画を見るとき私たちは常にこの二択を突きつけられます。まずは原型に近いバージョンを見たいので、私自身は基本的に初見の映画は字幕で見るようにしています。しかし、そんな私にも「この映画を見るとき…

私が映画をケナさない4つの理由

さて、いまさらながら菊地成孔さんのラ・ラ・ランド評を拝読しました(長文だったのでななめ読みではありますが)。 菊地さんの評論は辛口ながらも的を得ていますし、褒めるべきところは褒めています。そして何よりジャズの専門知識を生かした楽曲についての…

【ネタバレあり】「哭声 コクソン」のテーマは「信じる」こと?

「コクソン」は非常に難解な映画で、正解と言える解釈がない映画です。そしてこの記事で述べるのはあくまで私の見方で分析された「コクソン」です。 しかし、私の解釈が読者のみなさんが自分なりの映画の読み方を持つ手がかりになれば幸いです。 目次 大前提…

【ネタバレなし】「哭声 コクソン」監督の前作「哀しき獣」のレビュー

孤独な男のやるせない逃走劇 この前韓国人の友人と映画(ドクターストレンジ)を見に行ったんですが、エンドロールが始まってすぐ感想を私に話し始めて、ちょっとヒヤッとしました。別に私自身はエンドロールはそこまで集中して見る派ではありませんが、周り…

【ネタバレなし】「哭声 コクソン」鑑賞の補助線とレビュー

見る者を渾沌へと誘う新感覚映画 みなさんは韓国映画にどのようなイメージを抱きますか? 比較的映画を見る習慣のある方でも、韓国映画をよく見るという方は少数派だと思います。 映画雑誌のカラーページは大抵ハリウッド作品か邦画が占領し、韓国の作品はい…

【レビュー】「哭声/コクソン」の監督のデビュー作「チェイサー」を語る

昨年夏、韓国で大ヒットした映画「哭声/コクソン」が、3.11より日本でも公開されます。 カンヌ国際映画祭でも「近年の韓国映画ベスト」と言わしめた「コクソン」、監督はナ・ホンジンという方で、これまでに長編映画を二作撮っています(なんと二作とも大当…

アメリカとハリウッドを風刺し続ける者バーホーベンと「トータル・リコール(1990)」について

ポール・バーホーベンとディストピアSF 映画史上最も偉大な監督は誰か?という質問をすれば、回答は人によりさまざまでしょう。 ですが映画史上最も悪意と風刺に満ち溢れた監督は誰か?と聞かれれば、それはもうポール・バーホーベンと答えるほかありません…

日曜洋画劇場の終焉とフジのアナ雪放送から憂う映画の未来

日曜洋画劇場の終わり、映画は死んだのか? 日曜洋画劇場が、50年の歴史に幕を下ろしました。 headlines.yahoo.co.jp 僕自身は地上波で映画を見るなんてめったにしません、ですから直接的な問題はないのですが、地上波での映画放送が減るという事は映画文化…

自分には才能が無いと思う人に見てほしい「ガタカ」

自信の限界を提示され それでも強く生きた男の話 「ガタカ」のレビューと感想 みなさま、どうも。 ディストピアSF特集、第三弾は「ガタカ」です。 あと記事には関係ないんですけど、twitterをフォローしていただければ記事更新の通知がわかりやすいですよ。…

ディストピアSF映画であり、同時にグルメ映画でもある「ソイレント・グリーン」

ディストピアSF特集!今回の映画は「ソイレント・グリーン」! 以上!(適当) もくじ あらすじ こんな映画だ「ソイレント・グリーン」 アメリカンニューシネマと「ソイレント・グリーン」 「ソイレント・グリーン」における未来描写

管理社会SFブーム到来?じゃあガン=カタの時間だ!「リベリオン」レビュー

近頃書店に足を運ぶとよくオーウェルの『1984年』が平積みにされているのを見かけます。なんでもトランプの大統領就任を受けてディストピアSFがブームになっているとか。 全文表示 | 小説『1984年』米国で売り上げ1位 トランプに「反ユートピア」見る米国民 …

Netflixで見られるおすすめ映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

※記事執筆の2017年3/4時点でNetflixで鑑賞可能 さて今日は軽めのレビューを、紹介記事なのでもちろんネタバレはなしです。 第40回日本アカデミー賞の結果が出て日本中がゴジゴジしている中、取り上げる映画はいまさらながら「バードマン(長いので以下略)」…

「ラ・ラ・ランド」を鑑賞後、どうしても見てほしい「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

泣けないほどに悲しい映画 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」はまさしくそんな映画です。 みなさんどうも、読者登録数もアクセス数も伸び始めて大変光栄です。 「ラ・ラ・ランド」見ましたか? 私はCMを見るたびリピートしたい欲を揺さぶられる毎日を過ごして…

「最後の追跡」は西部劇初心者にこそ見てほしい激シブ映画だ!

地平線まで続く何もない荒野。さびれた町、照りつける太陽。そして保安官とインディアン。古典的ジャンルである西部劇を、どこまでもプリミティブな形で現代に蘇らせた傑作、それが「最後の追跡」だ。 Netflixオリジナルコンテンツが4作品もノミネートされた…

いまさら見たぞこの映画「L.A.コンフィデンシャル」

タイトル通り、本当に今更なのですが「L.A.コンフィデンシャル」を見ました。 まあ今見ると、ラッセル・クロウの痩せっぷりが一番のみどころですよ。本当に。 「ナイスガイズ!」鑑賞後にこちらを見たらもう涙が止まりません、時の流れとはここまで残酷なの…

ポスト・トゥルース時代のアカデミー賞と「ホワイト・ヘルメット」の感想

波乱の第89回アカデミー賞 89回アカデミー賞作品賞は、異例の「オスカー像渡し間違い」というハプニングの末、黒人少年の成長物語「ムーンライト」が受賞しました。作品賞は「ラ・ラ・ランド」濃厚かと思われている中での大逆転は、白人中心のオスカーに一石…

劇場版SAOから考える「なぜSAOがここまで愛されたのか?」

「ソードアートオンライン オーディナルスケール」を見てきました ※この記事には映画のネタバレが含まれています SAO劇場版、見に行く予定は無かったのですが、知人に誘われたので鑑賞してきました。SAOシリーズは一応アニメは一通り見て原作も数冊読んだ程…

映画評を書く人に読ませたい小説とか、最近読んだ本とかの話

みなさん、こんにちは。 今日はいつもと趣向を変えて、映画以外のコンテンツをいくつか紹介したいと思います。 『花ざかりの森・憂国』三島由紀夫 かの大作家三島由紀夫の短編集です。 三島の作品が素晴らしいのは僕が言うまでもないのですが、この中の『女…

「ラ・ラ・ランド」ラストシーンについての解釈を語る

夢を叶えるのに必要な代償とは? アカデミー賞作品賞は、ほぼ間違いなしかと評判の「ラ・ラ・ランド」。 公開初日の朝から見てまいりました。ひとことで感想を述べるなら、大満足としか言えません。オープニングからエンドロールまでとにかくカラフルで、ロ…

「ラ・ラ・ランド」前に絶対見ておきたい「セッション(Whiplash)」

「次のチャーリー・パーカーは何があっても挫折しない」 アカデミー賞ノミネート史上最多タイの「ラ・ラ・ランド」がいよいよ明日から日本でも公開されます。 若手監督のデイミアン・チャゼルは(自主製作を除けば)「ラ・ラ・ランド」以前には一本しか映画…